会社案内

コミュニケーションエキスパート

火薬・羅針盤とともに、歴史上の三大発明と言われる印刷技術は、聖書を大量複製するため、つまり「キリストの教え」という情報を広く伝達することを目的に生まれた技術です。今や、その情報も高度にデジタル化され、印刷業も単なる請負製造業から、情報加工発信産業へと大きく変貌を遂げつつあります。

そして、創業以来80年近くにわたり培ってきた文字・画像処理技術、印刷・造本技術、また近年のプリプレスのデジタル化によって得た新たな技術をベースに、より速く、より美しく、より確実に、を旨として、訴求力のある印刷物を御提案し続けます。

我々は、印刷物を通じて人と人、企業と企業、人と企業のコミュニケーションを円滑にします。

コミュニケーションエキスパート、これが大熊整美堂のビジョンです。

コミュニケーションエキスパート

名称 株式会社 大熊整美堂
代表者 代表取締役 鈴木 美智
所在地 〒101-0047 東京都千代田区内神田2丁目14番6号 神田アネックスビル4F
代 表 TEL.03-3813-1261 FAX.03-3813-1456
営業部 TEL.03-3256-1641 FAX.03-3256-1640
創業年月日 1927(昭和2)年7月21日
資本金 8,000万円
事業種目 1 . 製版・印刷・製本及びこれらに関する各種加工・サービス
2 . 編集・各種グラフィックデザイン
所属団体 東京都印刷工業組合、東京商工会議所
(社)日本印刷技術協会(JAGAT)
URL http://www.okumaseibido.co.jp/
E-mail welcome@okumaseibido.co.jp

所在地

読み込んでいます...

JR神田駅西口より徒歩5分
地下鉄銀座線神田駅1番出口より徒歩5分
地下鉄丸ノ内線淡路町駅・都営新宿線小川町駅A2出口より徒歩8分

沿革

1927      昭和  2年
大熊整 精美堂(後の共同印刷)より独立、芝区 田村町において大熊整美堂を創業。
1935      昭和10年
株式会社に組織を変更。
1937      昭和12年
小石川区戸崎町に工場新設。
小石川区戸崎町に工場新設
1944      昭和19年
政府の要請により全社を挙げて設備と共に満州国奉天市(現審陽)に移転。
1947      昭和22年
終戦により帰国 復興に着手3月より営業再開。
1950      昭和25年
印刷工場 写真製版工場の設備を完了、一貫作業をなし得る体系を確立する。
この頃より、手塚治虫の「ジャングル大帝」「火の鳥(黎明編)」などが掲載されていた伝説の漫画雑誌「漫画少年」のカラー製版、印刷を手がける。
漫画少年
1957      昭和32年
創立30周年。
1967      昭和42年
社屋も第2期工事に着手 設備の充実改善を図る。
1977      昭和52年
創立50周年を機に第3期工事着手。
1982      昭和57年
第4期工事で本社ビルの完成。不燃化を完了する。
1992      平成  4年
創立60周年を機会に技術革新の急テンポな変貌に対応すべく プリプレス部門の充実を図る。
1997      平成  9年
創立70周年を迎える。
1999      平成11年
CTP導入を前提とした高速かつ大容量デジタル・プリプレス・システムの増設、およびカラーマネージメント・システムに着手。
2000      平成12年
プレートセッターを導入、CTP稼働開始。
2002      平成14年
創立75周年を迎える。
2003      平成15年
小森社製 L-544 4/6全判5色枚葉機導入により、社内製による全ての判型でのCTP化が可能となる。
2005      平成17年
本社商談ロビーに、ギャラリーを併設。
労務管理にID(磁気)カードシステムを導入。
2007      平成19年
創立80周年を迎える。
2010      平成22年
東京リスマチック株式会社のグループ企業になる。
2013      平成25年
営業部を神田へ移転。